閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2010年5月17日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:PT Antam、2010年Q1ニッケル生産実績は増産

 PT Antamは、2010年Q1の生産実績を発表した。フェロニッケルが対前四半期比538t(14%)増の4,411t、ニッケル鉱石が同338千t(28%)増の1,561千tとなった。また、ボーキサイトはRiau諸島州Kijang鉱山の終掘により今期の生産実績は無かったが、西Kalimantan州でボーキサイト鉱山開発を行っている。2009年以降、四半期毎の生産実績は下表のとおり。

  2009年 2010年
Q1 Q2 Q3 Q4 合計 Q1
FeNi(Ni純分量:t) 3,296 2,786 2,595 3,873 12,550 4,411
Ni鉱石(小計) 1,058,350 1,777,075 1,744,373 1,222,282 5,782,080 1,560,643
High Grade
   (Ni品位2%超)(wmt)
534,774 913,206 1,007,869 866,822 3,322,671 911,185
Low grade
   (Ni品位2%以下)(wmt)
503,576 863,869 736,504 355,460 2,459,409 649,458
金(kg) 715 644 587 681 2,626 681
銀(kg) 6,250 5,544 5,589 5,206 22,589 4,877
ボーキサイト(wmt) 265,971 67,095 363,522 86,509 783,097
注)合計はAntamの個別データで作成している為、必ずしも一致しない。
ページトップへ