閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年7月5日 リマ 山内英生

ペルー:エネルギー鉱山省、自発的拠出金の5年延長発表も、超過利益税法案は今後国会審議

 7月2日に、エネルギー鉱山省のGala鉱山次官は、2006年に導入され2010年完了する予定の自発的拠出金制度を5年間延長することを、エネルギー鉱山省からSNMPE(鉱業石油エネルギー協会)に提案した結果、同協会がこの提案を受け入れたことから、近日中にも協会との協議を行い、同制度延長の手続きを行う旨を明らかにした。
 この件に関して、SNMPEのSanta Cruz副会長は、同協会が自発的拠出金制度の期間延長に賛同していることを明らかにしたほか、鉱山会社によって支払われる2009年度分の拠出金額は、経済危機の影響を受けて400百万Soles(約140百万US$)と2009年と比較して減少しているが、2010年は金属価格が回復していることから、2011年はより多くの拠出が実現する見通しを示した。
 一方、自発的拠出金制度の代替案として、6月23日に国会に対して超過利益税に関する法案が提出されている。この法案では超過利益の50%を課税対象とするという内容だが、鉱山企業が有する法的安定化契約に反する可能性があることから、憲法委員会、エネルギー鉱山委員会での審議を経た後、本会議で審議される予定となっている。

ページトップへ