閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニオブ
2010年7月12日 ロンドン フレンチ香織

マラウィ:Globe社、Kanyikaニオブプロジェクトの資源量を77%増加

 Globe Metals & Mining Ltd.(本社:Perth、ASX上場)は6月30日、2009年のボーリング調査の好調な結果を反映して、Kanyikaニオブ探鉱プロジェクトの概測及び精測資源量(JORC規程)を従来比77%増の23百万tにまで増強し、また、Nb2O5の金属含有量を5%増の174千tへと更新した。

表 1. Kanyika ニオブプロジェクトの資源量 ( Nb2O カット オフ 品位: 1,500 ppm 以下 )
カテゴリー 百万 t Nb2O5 ppm Ta2O5 ppm U3O8 ppm ZrSiO4 ppm
精測 5 3,900 180 110 5,300
概測 18 3,100 140 80 4,800
予測 37 2,700 130 80 5,100
合計 60 2,900 140 90 5,000

表 2. Kanyika ニオブプロジェクトの資源量 ( Nb2O カット オフ 品位: 3,000 ppm 以下 )
カテゴリー 百万 t Nb2O5 ppm Ta2O5 ppm U3O8 ppm ZrSiO4 ppm
精測 3 5,400 250 160 6,600
概測 7 4,400 200 110 5,900
予測 11 3,600 160 90 5,600
合計 21 4,100 180 110 5,800

 なお、同社はKanyikaプロジェクトのバンカブルFSを2009年8月に開始しており、2012年には(特にフェロニオブとして)ニオブ金属の生産を年間3,000tで開始する計画である。鉱山寿命は20年以上と計上。2009年8月には、南アのエンジニアリング会社Thuthuka Group Ltd.から10.6百万US$の出資を受ける公式JV契約に合意し、同プロジェクトの権益25%を譲渡することとなっている。

ページトップへ