閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2010年7月30日 調査部 渡邉美和

中国:安徽省南陵県姚家嶺で大型鉛亜鉛鉱床発見

 現地紙が伝えるところによると、華東冶金地質勘査局により安徽省南陵県の姚家嶺で、大型の亜鉛・金鉱床が発見された。また鉛・銅・銀についても中型規模である。
 姚家嶺鉱区は銅陵市から40 kmの位置にあり、銅陵の銅金鉱床地帯の東部に位置しているが、1980年代の探査では鉱床はないとされていた。これに関して改めて8年間で54孔、46,289mのボーリング調査を行い発見されたもの。現在初期推定で明らかにされている鉱床規模は、鉱体長1,600m、幅500-800m、資源量と品位は亜鉛117.41万t、平均品位3.64%、金32t、品位5.02g/tである。

ページトップへ