閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2010年8月1日 バンクーバー 村上尚義

加:North American Tungsten社、CanTungタングステン鉱山の操業再開を発表

 North American Tungsten社(本社:BC州Vancouver)は7月26日、NW準州南西部の州境付近に位置するCanTungタングステン鉱山の操業再開を発表した。
 North American Tungsten社は、精鉱の在庫増とタングステン価格低迷により、2009年10月からCanTungタングステン鉱山の操業を休止していたが、現在、タングステンの中間材料であるAPT(パラタングステン酸アンモニウム)の価格が240 US$/t前後まで回復したことから、同鉱山の操業再開を決定した。
 CanTungタングステン鉱山の2009年7月時点の埋蔵量は1.02百万t、品位1.08% WO3 (カットオフ品位:0.8% WO3)で、操業コストは152.22 C$/tである。粗鉱生産量1,100t/日で操業した場合、同鉱山のマインライフは約2.5年となっている。

ページトップへ