閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年8月5日 北京 土居正典

中国:内蒙古包鋼希土高科技股份有限公司、贛州市へ進出

中国証券報によれば、内蒙古包鋼希土高科技股份有限公司は、江西省贛州市にある信豊新利希土有限公司の48%(投資額7,387万元、938百万円に相当)及び晨光希土新材料株式有限公司の9.25%(投資額6,934万元、811百万円に相当)の権益を獲得する計画である。また包頭希土高科技は、全南晶環科技有限公司と共同で設立する新会社に8,920万元(1,132百万円に相当)を投資し、49%の権益を確保する計画。今回の投資により、包鋼希土高科技の分離能力は、1.15万t増加することになる。 これまでは包鋼希土が内モンゴル、江西銅業が四川を中心とする軽希土を、中国アルミ業及び中国五鉱などが南部の中重希土を支配しているが、今後は江西省、福建省、広東省など南部の中重希土資源を巡る競いが激化する模様。

ページトップへ