閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2010年8月20日 調査部 渡邉美和

中国:甘粛省を中心とした豪雨被害で非鉄金属産業でも被害発生

 8月7日に発生した甘粛省甘南蔵族自治州舟曲県の大規模な土石流で大規模な被災が報道されているが、前後した豪雨により、鉱山や非鉄金属産業に関連した企業でも以下のような現地報道がある。
 8月12日、甘粛省の白銀公司傘下の廠埧鉛亜鉛鉱山は豪雨による泥流に見舞われ、鉱山は生産停止に追い込まれた。住居地区にも泥流が押し寄せ全面的に冠水。8人の死亡と3人の行方不明が伝えられた。選鉱場が冠水するとともに、電気設備は全壊、坑道へも浸水し、排水・通風・出鉱・通信などの設備も被害。同鉱山の年産能力は鉛亜鉛金属量で8.6万t。
 また、亜鉛地金を生産している甘粛宝徽冶煉廠では、電力供給が豪雨のため中断され、すでに7月末以来生産を停止していたとのことで、当初は今月中に復旧できる計画だったが、今回の豪雨により生産回復予定は8月末まで延びたとのことである。
 黄渚鎮にある甘粛成州冶煉廠も、建物の被害はないが、道路や電気設備の遮断などにより、原料などの流通が停止し、亜鉛地金生産が停止している。年産能力は5万tで、全面生産再開は9月まで待たねばならない見込み。
 更に、8月18日、雲南省怒江自治州自貢県の普拉底郷力透底村でも大規模な泥流が発生。付近住民と玉金鉄鉱山が被災。普拉底郷の玉金鉄鉱山は2007年に試験生産が開始された磁鉄鉱の選鉱場で、年処理量10万t、2008年正式生産開始と相前後して金融危機により生産停止しているとの報道もある。

ページトップへ