閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル マンガン
2010年8月24日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:Southern Hemisphere社Los Pumasマンガン・プロジェクトのEIA内容確認

 8月19日付け地元紙等によると、チリ最北部第XV州環境委員会Coremaは、豪州鉱山会社Southern Hemisphere Miningに対し、同社が提出したLos Pumasマンガン・プロジェクトのEIAの数項目について内容を明確にするよう求めた。
 求められた内容は、用水の供給源、プロジェクトの水消費率、同社の水利権の有無、用水供給パイプラインの種類等である。同社代表は、この件について話し合うため、8月19日にCorema担当者と会う予定である。EIAは2010年8月の初めにSouthern Hemisphere Mining社の現地子会社Minera Hemisferio Sur社によりCoremaに提出された。
 Los Pumasプロジェクトは投資額50百万US$、粗鉱量12.5百万t;マンガン品位10%で、5年の操業期間中のマンガン精鉱生産のための鉱石処理容量は220,000t/月である。2010年末までに建設開始、2011年Q4に操業開始予定である。Southern Hemisphere社の7月初頭の発表では、現在本プロジェクトFSの鍵となる金属回収試験を実施しており、これは2010年Q3に完了する予定である。

ページトップへ