閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年9月14日 シドニー 原田富雄

豪:OZ Mineralsは引続きSandfire Resources社買収に関心を示す

 OZ Minerals(本社:VIC州Melbourne)のBurgess最高経営責任者は、ニューヨークで行われた「Bank of America-Merrill Lynch Australia Investment Conference」において、
 銅探鉱事業者のSandfire Resources社(本社:WA州Perth)の買収に関し再度関心の高さを示した。
 同社は、2010年7月2日、Sandfire Resources社の19.9%の株式を取得したものの、その後韓国のLS-Nikko社が12.5%の新株を引き受けたことから、OZ Minerals持分比率が17.3%に縮小している。また、韓国鉄鋼大手のPoscoもSandfire Resources社の17%の株式を取得しており、自社の投資先が韓国系企業に支配されていることに関心を示してきたが、引き続き需要が堅調な中国、インドの市場から銅資産の拡大を狙う戦略について言及したものと考えられる。

ページトップへ