閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年9月20日 メキシコ 高木博康

グアテマラ:野党が新規鉱業権付与を制限する法案を下院に提出

 2010年9月13日付け業界紙等によると、グアテマラ議会の野党・グアテマラ革新民主自由党は、同国政府当局による新規鉱業権付与を制限する法案を下院へ提出した。
 この法案の目的は、天然資源の探鉱及び採掘に伴う環境への影響を減少することにある。同党の政策理念では、母なる自然を破損・侵害する鉱業活動は、地域住民及び国民に対する不正行為であるとしている。
 グアテマラ国会においては、2010年6月にも、鉱業の探査及び採掘を規制するメカニズムを設定し、鉱業権付与前に地域コミュニティとの協議を義務付け、また、環境基準を強化する法案が提出されている。
 同国においては、Goldcorp社のMarlin金銀鉱山及びArgonaut Gold社のEl Sastre金山等が操業され、Goldcorp社のCerro Blanco金プロジェクト、Tahoe Resources社のEscobal銀プロジェクト、HudBay Minerals社のFenixニッケルプロジェクト等のカナダ企業による探鉱開発プロジェクトが行われている。

ページトップへ