閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2010年10月12日 サンティアゴ 大野克久

アルゼンチン:Obtala ResourcesがRed Sea Resourcesからリチウム権益を取得

 2010年10月11日、Obtala Resources(本社:London)がRenholn Holdings(株主構成Obtala Resources 80%、Red Sea Resources 20%)を通じてRed Sea Resources(本社:London)がアルゼンチンに保有するリチウム塩湖プロジェクト2件のプロジェクト企業の80%権益を獲得したことを発表した。
 本権益獲得費用は1.6百万US$で、内容は当初支払い分325千US$、2011年2月に現金500千US$もしくはRenholn Holdings株、2011年8月に現金775千US$もしくはRenholn Holdings株で支払うものである。
 塩湖プロジェクトはArizaro塩湖プロジェクト及びCatamarcaプロジェクトから構成され、Arizaro塩湖はこれまでの地表サンプリング及び過去のデータからリチウム含有量最大700ppm、カリウム>0.8%等という結果である。
 Catamarcaプロジェクトは、Antofalla塩湖、Retones塩湖、Cachari Pampa塩湖から構成されている。
 探査費用は合わせて300千US$で、2010年11月から地表水及び塩湖浅層部水の採取、2011年Q1から塩湖内部の状況を把握するためのボーリング調査を実施する予定である。

ページトップへ