閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2010年10月13日 バンクーバー 村上尚義

加:North American Tungsten社、CanTungタングステン鉱山の操業を再開

 North American Tungsten社は2010年10月7日、NW準州南西部のYukon準州との州境付近に位置するCanTungタングステン鉱山の操業を再開し、10月中にタングステン精鉱を出荷すると発表した。
 これは、タングステンの中間原料となるAPT(Ammonium Paratungstate:パラタングステン酸アンモニウム)の価格が260 US$/t程度まで上昇したことを受けてタングステン精鉱の需要があると判断したもの。
 また、同社は9月28日にCanTungタングステン鉱山の鉱量増について発表しており、それによると2009年7月時点の確定埋蔵量より約65%増となる1,693千t、品位1.17% WO3(カットオフ品位0.8% WO3)が計上され、現在の鉱石処理量1,100t/日で操業した場合、マインライフは4.2年延長となる。

ページトップへ