閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年10月15日 シドニー 増田一夫

豪:連邦資源大臣は州ロイヤルティ値上分についてはMRRTで還付しないと表明

 2010年10月15日付け地元紙等によれば、Martin Ferguson豪州連邦資源大臣はMRRT(鉱物資源利用税)の導入に際して実施される州ロイヤルティの還付について、2010年5月2日時点の州ロイヤルティについては還付対象とするものの、それ以降の州ロイヤルティ値上げ分については対象としないと表明した。この表明はQLD州で開催された業界会合で行われたもので、この問題についてはMRRTに関する政策移行グループ(Policy Transition Group)で議論しないことを明言した上で、ロイヤルティ値上げは州・準州政府と鉱業会社の個別問題であると述べた。一方で、QLD州資源協会(QLD Resources Council)は、州ロイヤルティが値上げされた場合は事実上の二重課税に当たると指摘している。

ページトップへ