閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年11月2日 北京 土居正典

中国:国土資源部、鉱区統合事業を年内完了

 国土資源部の公告によると、レアアース・モリブデン・アンチモン・錫など非鉄金属資源の鉱区統合が2010年中に完了される。
 「国土資源部による全国レアアースなど鉱産資源開発秩序の特別取締り実施に関する通達」に基づき、国土資源部は78か所のレアアースなどの開発統合鉱区を「2010年省レベル重点看板掲示における監督管理鉱区」とし公表する。78か所の内訳は、モリブデン鉱床32か所、蛍石鉱12か所、アンチモン鉱床8か所、錫鉱床7か所、レアアース鉱床7か所などである。省別には福建省19か所(うちモリブデン14か所)、雲南省6ヵ所(うち錫4か所)、江西省5か所(うちレアアース鉱床2か所)、貴州省8か所、河南省7か所と南方地域が中心となっている。今回公表された7か所のレアアース統合鉱区は、四川省牛坪レアアース鉱統合区、四川省冕寧鉱業有限公司の哈哈三岔河レアアース鉱統合区、四川省冕寧県南河郷木洛鄭家梁子レアアース鉱統合区、四川省冕寧県南河郷木洛楼山レアアース鉱統合区、江西省寧都県黄陂レアアース鉱統合区、江西省安遠県涂屋レアアース統合区、広東省平遠県黄―仁居レアアース統合区であり、内モンゴルは今回のリストに入っていない。

ページトップへ