閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 鉄鉱石
2010年11月23日 ロンドン フレンチ香織

欧州:欧州委、ドイツ政府の非鉄産業に対する電力助成金案を調査

 ドイツ政府は現在、同国の非鉄金属産業が上昇する電力料金に対応するために、電力助成金案を計画しているが、欧州委員会は2010年11月17日、本計画に反対するために、分析調査を行うと発表した。
 2009年H2、欧州域内の排出権取引(EU-ETS)制度によって、ドイツ非鉄金属業界の電力コストの負担が増した。そのことからドイツ政府は、国内の製錬会社の閉鎖、及び他国への拠点移動による炭素リーケージに曝される危険性を懸念し、エネルギー集約型の非鉄金属製造会社(アルミニウム、銅、亜鉛)に対して、合計約4千万€の助成金を計画している。
 他方、欧州委員会は、「原則として、欧州委はターゲットとした産業界に電力料金の助成を促進しない。このような支援は、気候変動対策、及び電力市場の自由化政策に反する傾向をもたらし、また、他のEU加盟国にも助成金制度を波及しかねない。このことからも、本計画を綿密に調べる必要がある」と言及している。

ページトップへ