閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年11月23日 サンティアゴ 大野克久

パキスタン:Reko Diq銅・金プロジェクトは2か月以内にFS及びEIS承認審査完了の見込み

 在チリ・パキスタン大使によると、Antofagasta MineralsとBarrick GoldがパキスタンBaluchistan州で手掛けるReko Diq銅・金プロジェクトのFS及びEISについて2か月以内に承認審査が完了し、採掘権が付与される見通しであるとを明らかにした。
 本プロジェクトは、Antofagasta MineralsとBarrick Goldが各々37.5%の権益を保有し、Baluchistan州が25%権益保有しており、Antofagasta Mineralsによると、本プロジェクトの開発コストは33億US$、年間180千~190千tの銅及び280千oz(約8.7 t)の金を生産する予定である。
 同大使は、この様な大規模プロジェクトはパキスタン鉱業で初めてのケースで、本プロジェクト開発により7,000人の新規雇用が創出されるだろうとコメントした。

ページトップへ