閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年11月29日 サンティアゴ 神谷夏実

チリ:鉱業関係労働組合が共闘に向け協議開始

 地元紙等によると、チリ銅公社(CODELCO)、チリ国営石油会社(ENAP)、その他民間鉱山会社の労働組合が、共闘関係の構築についての協議を始める予定であると、全国鉱山労働者組合(FMC)関係者が述べた。このために、FMC、CODELCO銅組合連合(FTC)ならびに、ENAPの労働組合及び下請け労組関係者が近日中にアントファガスタに集まり、協力関係について協議する予定である。新組織には、鉱山労働者12万人程度が所属することになり、当面の活動目標は、Collahuasi鉱山のストライキ支援、ENAPの大量解雇の問題への対応とされている。

ページトップへ