閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2010年11月30日 サンティアゴ 大野克久

チリ:2010年1~9月のCODELCO剰余金は前年同期比120%増の4,129百万US$

 2010年11月25日、CODELCOが2010年1~9月の業務実績報告を行い、剰余金は前年同期比120%増の4,129百万US$、民間企業と同様の税体系で計算すると、3,288百万US$で2009年同期比200%以上であると発表した。
 これは、主として銅及びモリブデン価格の上昇に伴うもので、前年同期と比較すると、LME銅平均価格は211.5¢/lbから325.2¢/lb、Metals Weekのモリブデン平均価格は24.2 US$/kgから34.8 US$/kgまで各々53.8%、43.8%上昇している。
 また、この間のCODELCO銅生産量は1,208千t(1,262千t:El Abra鉱山49%権益分含む)で前年同期比6千t(11千t:El Abra鉱山49%権益分含む)減少している。これは主としてAndina鉱山における2010年2月のチリ地震に伴う停電及び第1期拡張計画遅延に伴う一時的な操業停止と報告されている。なお、この間のモリブデン生産量は15千tで前年同期比1千t減少している。
 なお、2010年1~9月のトータルコストは、対前年同期比24.2¢/lb上昇し181.9¢/lbであった。これは、CODELCOの生産コストはチリPesoに依存しており、対US$為替レートの前年同期比10%以上の上昇及びチリの消費者物価指数の上昇が主な要因である。
 なお、銅生産コスト(C1)も同様に92.4¢/lbから101.6¢/lbに上昇している。

ページトップへ