閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2010年12月6日 サンティアゴ 大野克久

アルゼンチン:Sal de Vidaリチウムプロジェクトの探査費用は60百万Pesoの見込み

 リチウム探査生産企業であるLithium 1(本社Toronto)は、アルゼンチンCatamarca州Hombre Muerto塩湖東側に同社が70%探査開発オプション権を有するSal de Vidaリチウムプロジェクトについて、残り30%の探査開発オプション権を有する韓国連合(KORES、LG International、GS Caltex)と協議の結果、2010年~2011年にかけ、初期投資額として60百万Peso(約15百万US$)でFSを実施すると発表した
 これには、ボーリング調査、実験室レベルの蒸発試験、パイロットプラントでの蒸発試験及び同プロジェクトの資源量把握が含まれる。
 Hombre Muerto塩湖では、米国FMCのアルゼンチン子会社であるfenixが炭酸リチウムを生産しているが、本プロジェクト鉱区内ではこれまでの調査により、リチウム680 mg/l、カリウム7,303 mg/l、Mg/Li比2.2が確認されている。

ページトップへ