閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年12月6日 メキシコ 高木博康

メキシコ:Cozamin多金属鉱山が死亡事故により操業を一時停止

 Capstone Mining Corp.(本社:加・Vancouver)は、メキシコ・Zacatecas州に保有するCozamin多金属鉱山の操業を死亡事故の発生により一時停止すると2010年11月28日付け同社HPに発表した。
 11月24日、坑内作業中の一鉱夫が重機と崩壊した岩石とに挟まれ、2日間に亘る救出作業の後、26日に病院で死亡した。同社は鉱山の操業を一時停止し、独立したコンサル会社の支援を受け徹底した安全対策を実施し、7日~10日後に操業再開を予定している。
 2010年Q3の同鉱山の生産量は、粗鉱処理量274千t、銅4,355 t、パラジウム825 t、亜鉛2,717 t及び銀11.85 tであった。

ページトップへ