閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2010年12月6日 ロンドン 萩原崇弘

ボツワナ:Norilsk Nickel、新たなニッケル探鉱ライセンス獲得

 Norilsk Nickelは、同社が85%の株式を保有するTati Nickel社が、現在ボツワナで生産中のTatiニッケル鉱山に近接した3鉱区で3年間の探鉱ライセンスを新たに獲得したと発表した。2011年から探鉱活動が開始される予定である。
 Tati Nickel社は、現在Phoenix鉱床とSelkirk鉱床の間の西部の鉱区のライセンスを所有している。今回の探鉱ライセンスでは、Tekwane鉱床予測資源量(60万t品位Ni 1.28%、Cu 0.59%、厚さ1.5 m)の探鉱を行う予定であり、また、Phoenix鉱床の北側に位置するPinagare鉱床も対象としている。また、同社はジンバブエとの国境まで伸びるTekwane鉱床の東側の探鉱ライセンスについても、現在申請中である。

ページトップへ