閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2010年12月11日 サンティアゴ 神谷夏実

ブラジル:Anglo American、Minas-Rio鉄鉱石鉱山開発の環境許可取得

 Anglo Americanは、ブラジルMinas-Rio鉄鉱石開発プロジェクトについて、Minas Gerais州環境当局SUPRAMによる環境許可(Mine L1 part 2)が2010年12月9日に発行され、鉱石処理施設、尾鉱ダム、鉱山の建設に着手できる見通しとなったと発表した。現在のところ、建設作業に2011年3月着手予定で、完成には27か月から30か月を要するという。鉱山建設には、鉱石のスラリー輸送用パイプライン敷設(525 ㎞)、港湾施設建設も含まれる。本プロジェクトについては、当初の建設コスト27億US$が、2010年2月に38億US$まで増加し、現在は45億US$かかるとみられている。また生産開始についても、当初2010年H1を目指していたが、大幅に遅れている。Anglo Americanは、このプロジェクトを南ア・Kumba鉄鉱石プロジェクトとともに鉄鉱石開発事業の柱としており、これらの鉱山の生産が始まれば、年産1.5億tの鉄鉱石生産体制ができることとなる。

ページトップへ