閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年12月13日 メキシコ 高木博康

メキシコ:First Majestic社(加)がLa Parilla多金属鉱山の拡張計画を開始

 First Majestic Silver Corp.(本社:加・Vancouver)は、メキシコ・Durango州に保有するLa Parilla多金属鉱山における銀換算生産量93.3 t/年の拡張計画を開始したと2010年12月6日付け同社HPに発表した。
 同鉱山の拡張計画は、鉱山部門2.6百万US$及び選鉱プラント部門17.7百万US$、総計27.3百万US$の投資により、現行の選鉱プラント能力850 t/日(それぞれ425 t/日の浮選プラント1基、及びシアンによる銀抽出プラント1基)を1,600 t/日へ拡張するものである。
 具体的には、第1段階の拡張計画として、2011年7月までに浮選プラントの能力425 t/日を800 t/日へ拡張し、年間当たりの生産量をAg 44.5 t、Pb 2,573 t及びZn 2,377 tに拡大する。第2段階として、2012年Q1までにシアンによる銀抽出プラントの生産能力を425 t/日から800 t/日へ拡張し、銀の年間生産量を28.0 t増産する。なお、同鉱山の2009年生産量は、銀42.5 t、鉛1,835 t及び亜鉛4 tであった。
 同社は、La Parilla多金属鉱山の他、Coahuila州のLa Encantada多金属鉱山及びJalisco州のSan Martin多金属鉱山を操業するとともに、Zacatecas州のDel Toro銀プロジェクト及びSan Luis Potosi州のReal de Catorce銀プロジェクトの開発を行っている。

ページトップへ