閉じる

ニュース・フラッシュ

2010年12月13日 ジャカルタ 高橋健一

インド:国営アルミ企業NALCO、海外鉱業資産買収の動き

 各社報道によれば、インド国営アルミ企業であるNational Aluminium Company Limited(NALCO)は、チリ、ナミビア、インドネシアなどのボーキサイト、銅、石炭、ウランなどの鉱業資産を今後買収していく計画を持っている。これはインド鉱山大臣のコメントとして報道された。具体的な案件名は出ていないが、NALCOはこれらの鉱業資産の買収に向けて現在検討中であり、同じ国営銅企業であるHindustan Copper Ltd.とのJVも視野に入れているという。今後増加するインドの国内需要を踏まえたものだが、特にチリ、ナミビアとの間では、鉱物資源分野での政府間協力協定を締結済みで、その枠組みの中の具体的な投資案件としての位置付けになるものである。また、NALCOは、インドネシアで投資額39億US$の50万t規模のアルミ製錬所及び1,250 MW級の発電所の建設計画に着手しており、原料となるアルミナ確保の必要性も背景となっている。

ページトップへ