閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2011年1月10日 バンクーバー 片山弘行

加:Alexco社、ユーコン準州Bellekeno銀・鉛・亜鉛鉱山のフル生産開始を発表

 Alexco Resources Corp.(本社:バンクーバー、以下Alexco社)は、1月6日、同社がカナダ・ユーコン準州中部に100%の権益を保有するBellekeno銀‐鉛‐亜鉛鉱山について、1月1日に当初設計通りの能力による商業生産に入ったことを発表した。また、この商業生産でSilver Wheaton Corp.との間で締結している買鉱契約で定められている完工試験を満足することも併せて発表した。
 Bellekeno鉱山は、Alexco社が2010年9月後半に生産を開始し、10月後半までは低品位鉱石を低い生産量で処理していたが、11月中旬までには当初設計能力である日産250 tまでスケールアップした。10月から12月までの鉱石採掘量は15,700 tであり、9,000 t以上の鉱石が選鉱場に投入された。この間の鉱石の平均品位は、Ag 1,068 g/t,Pb 12.6%,Zn 6.6%である。
 今後は、操業の最適化と問題点の改善、特に、浮選工程と脱水工程との間のポンピング/パイプ輸送の改善、脱水工程における効率の改善を中心に進められる予定である。
 Bellekeno鉱山は、1921年から1988年まで操業されていた鉱山であり、その間の生産量は217百万ozの銀(平均品位Ag 40.5 oz/t,Pb 5.6%,Zn 3.1%)である。
 Alexco社は、同鉱山を2005年6月に取得し、再開発に向け準備を進めていた。

ページトップへ