閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年1月11日 サンティアゴ 大野克久

ブラジル:Lobão鉱山動力大臣が鉱業ロイヤルティ引き上げを言及

2011年1月1日に発足したDilma Vana Rousseff新政権で鉱山動力大臣を務めるEdison Lobão氏は、2011年上期中には鉱業ロイヤルティ(CFEM)引き上げも含めて、鉱業セクター改革案を議会に提出予定であることを発言した。 同大臣は、2010年3月まで鉱山動力大臣を務めており、政府の鉱業セクターにおける発言権強化、鉱業審議会新設、DNPM(鉱山動力省地質鉱産局)改組、CFEM引き上げ等を積極的に推進していた。 鉱業セクター改革案の中には、投機目的の鉱区保有を排除するため、探査期間の上限設定、鉱山操業期間の上限設定等が含まれている。

ページトップへ