閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年1月18日 シドニー 原田富雄

豪:Kagara社、QLD州の鉱山施設が豪雨被害

 2011年1月12日、ベースメタル生産者のKagara(本社:WA州Perth)社はQLD州を襲った豪雨により、鉱山の一部が影響を受けたと発表した。被害を受けたのは同州Thalanga選鉱場とVomacka露天掘り鉱山で、2010年12月の降雨量としては観測を始めた1889年以降、最大の記録となった豪雨によりフル生産が出来なくなったとしている。
 なお、同社は年度下期に増産するので2010/11年度の生産量に変更はないとしており、年産量は銅23,000 t、鉛・亜鉛で50,000 tの予定である。

ページトップへ