閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年1月31日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:Victory West Moly社、インドネシア南スラウェシの銅・金探鉱プロジェクトの権益75%を買収

 豪Victory West Moly Ltd.(ASX上場。以下「VWM社」)は、2011年1月27日、インドネシア南スラウェシ・トラジャ地区にある銅・金探鉱プロジェクトの権益75%の買収を発表した。買収の対象となるのは、銅・金ポーフィリー型鉱床などのポテンシャルを有するプロジェクトで、現在PT Noviendindo Multi Resources社(以下「NMR社」)が所有する。プロジェクト・エリアは、1900年代初期にオランダにより採掘されたと思われる多数の探鉱坑道がある地区を含み、近年では、1999年及び2000年に実施されたボーリング調査により最大脈幅34.2 m、金品位3.05 g/tや、脈幅4 m、銅品位0.48%などの鉱脈が捕捉されている。両社は既に基本契約条項に合意済みであり、今後、正式なMemorandum of Agreement(MOA)を締結する予定である。MOA締結後、VWM社はNMR社に10万US$を支払い、90日間の独占的なプロジェクトの法的、技術的評価作業を行った上で買収を進める。買収条件は過去の探鉱費として30万US$のNMR社への支払い、VWM社の今後3年間にわたる5百万US$のプロジェクト費用の負担などとなっている。

ページトップへ