閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年2月1日 シドニー 原田富雄

豪:ウランのスポット価格が急上昇

 直近6か月のウランのスポット価格は、2010年中頃の40 US$/lbから69 US$/lbと70%上昇している。これは、旺盛な中国需要に伴うものであり、中国税関総局の発表によれば、2010年12月のウラン輸入量は2,999 tと2009年の同時期に比べ10倍に、2010年のウラン輸入量は対前年比で3倍に増加している。
 中国は電力の75%を石炭火力発電に依存しており、中国政府は新エネルギーや原子力発電の導入により二酸化炭素排出量削減を目指している。市場アナリストは、中国のウラン輸入量は今後も増加する原子力発電量に必ずしも比例していないことや、中国以外の電力事業者からの引き合いが強いことも影響し、今後もスポット価格の高値が続くと見ている。

ページトップへ