閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2011年2月1日 シドニー 原田富雄

豪:MMG社(中国Minmetals子会社)、Dugald River亜鉛プロジェクトの開発を推進

 2011年1月26日、中国Minmetals(五鉱集団公司)の豪州子会社Minerals and Metals Group Pty Ltd.(MMG)は、QLD州Mt Isaの北東85 kmに位置するDugald River亜鉛プロジェクトに関し、QLD州政府に提出した環境影響報告書の承認が下り次第、数か月以内に最終的な投資判断を行う見通しを発表した。
 MMGがQLD州で操業するCentury亜鉛鉱山は、2015年に閉山が予定されている。また、カナダや南米における亜鉛鉱山の閉山が予定され、亜鉛の需給が一層タイトになると見込まれる中で、開発費700百万A$を投じる同プロジェクト(年産で亜鉛20万t、鉛2.5万t、銀90万oz、マインライフ23年)の重要性が高まっている。

ページトップへ