閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年2月7日 メキシコ 高木博康

メキシコ:Southern Copper社、2011年の産銅量を63万tと予測

 2011年2月3日付け業界紙等によると、Grupo México(GM)の鉱業部門筆頭会社であるSouthern Copper Corp.(SCC、本社:米AZ州Phoenix、GM社80%権益所有)の関係者は、Buenavista鉱山(旧Cananea鉱山)の2011年Q1のフル操業再開により、同社の2011年の銅の生産量は63万tになる見込みである旨を明らかにした。
 同鉱山は、2007年7月からのストライキにより操業停止となった後、警察による違法ストライキを行う労組員の排除を経て、2010年Q3に操業の一部が再開した(詳細は、カレント・トピックスNo.10-56)。現在は操業が70%復活した状況で、2011年Q1に180千t/年のフル操業を再開する。
 同社の2010年の生産量は、銅479千t(前年比1.4%減)、モリブデン21千t(同9.8%増)。売上高は5,150百万US$(前年比75.4%増)、損益は1,554百万US$の純益(同67.2%増)であった。

ページトップへ