閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2011年2月9日 モスクワ 大木雅文

豪:ノリリスク・ニッケルの海外展開(その2)

 ノリリスク・ニッケル社パノフ海外生産拠点部長は、Mining Indaba 2011で、同社の豪州生産拠点の活動について以下のようにスピーチした。
 現在、豪州の複数の鉱山について段階的な生産再開を実施しているが、これらは2009年、厳しい経済情勢とニッケル市況の悪化のため生産を無期限停止していたものである。2010年に実施された内部監査の結果を受け、経営陣は豪州での生産再開は適切であるとの決定を下し、2010年12月、豪Lake Johnston硫化鉱採掘・ニッケル選鉱場の操業開始を発表した。現在、同鉱山は準備作業中で生産開始は2011年H1を予定している。Lake Johnstonの資源量はニッケル14万6,000 t、可採埋蔵量は3万8,000 tである。年間生産高は鉱石約100万t(Ni品位: 1%)で、ニッケル金属量9,500 tに相当する。

ページトップへ