閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年2月14日 調査部 渡邉美和

豪:中国四川泰豊集団、1.3億A$で豪CSE社の33%株式取得へ

 現地報道によると、中国四川省の民営企業である泰豊集団は、2010年のIMX Resources社買収に続き、1.3億A$(1.3億US$)で豪CSE社の33%株式を取得する方向とのことである。両国政府もこの投資案件を重視し、駐華豪州大使が四川省自貢市を訪れ、投資案件について自貢市政府委員会と協議している。
 CSE社は主に金・銅の鉱山開発を行っている上場企業で、豪州QL州に多くの鉱山開発プロジェクトを有している。泰豊集団は1997年に成立した民営企業で不動産開発、貿易、鉱産資源開発などを行っている。

ページトップへ