閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2011年2月21日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:ロシアSolway Group、フェロニッケル製錬所建設に総額30億US$投資

 各社報道によれば、ロシアSolway Groupは、インドネシア北マルク州East Halmaheraのフェロニッケル製錬所の建設に総額30億US$を投資する。同製錬所は2014年の生産開始を目指し、2011年5月に建設を開始し、生産開始後は年産40万t規模とするが、将来的には2倍の80万t規模に拡大する計画である。投資対象は製錬所の他に、発電プラント、港などのインフラ設備も含む。発電プラントは石炭ガス化装置を備え、400 MWの発電能力を持つ。なお、発電所へは、西パプア州に同社が持つ石炭鉱区から低品位炭が供給される予定である。
 同社は、2007年以来、East Halmaheraに持つ鉱区で探鉱を進めてきたが、現在はプレF/S段階まで進んでおり、埋蔵量114百万t(ニッケル品位1.7%)と見積もられている。また、同社はスラウェシ島にもニッケル探鉱鉱区を所有しており、今回建設する製錬所へのさらなる鉱石供給源として期待されている。

ページトップへ