閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年2月21日 調査部 渡邉美和

中国:上海での鉛先物取引正式認可

 現地報道によると、2011年2月18日、中国の証券監督委員会は上海先物取引所での鉛先物の取り扱いを正式に認可した。同時に、上海先物取引所は具体的な取引方法案を公表した。これにより上海先物取引所での取り扱い品種は天然ゴムなど9種に増加した。なお、非鉄金属関連の上場品は、銅、鉛、亜鉛、アルミ、金の5種となった。
 発表された取引方法案によれば、取引の日当たり変動幅はプラスマイナス5%に制限され、最小取引単位は25 t、最終取引日はデリバリー月の15日、最低保証金は契約の8%、デリバリー単位は25 tなどとなっている。
 この取引案の提示に従って今後まだ意見聴取が行われるが、現在の上海先物に上場されている銅、亜鉛、アルミなどは取引単位が5 tであり、これと比較すると鉛は敷居が高い。

ページトップへ