閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年3月3日 調査部 渡邉美和

中国:五鉱集団総裁、希土に関して一体化企業集団設立を提議

 現地報道によると、中国内希土産業に関わる規範や政策が表出してくる中、全国政協委員でもある五鉱集団の周中枢総裁は全国政協と全人代の開催を控え、中国の希土産業の長期的発展に関わる諸問題が解決していないとみているようである。周中枢総裁は、開催間近な全国政協で、意見を発表するとのことである。
 環境対応と省エネ省資源を克服するためにはあまりにも企業規模が小さいこと、上流産業下流産業との連携が不足していること、無秩序な競争が資源の浪費をもたらしていること、一部の資源が有効利用されていないこと、などを解決するため、希土に関して一体化大型企業集団設立を提議する模様である。
 具体的な内容は以下の通りという。
 ・国土資源部による鉱区採鉱権の再配置調整。総合実力のある企業への再配置。
 ・南方希土鉱山と製錬加工企業の再編に当って、経営優秀な大型企業と地方政府による採鉱権と鉱山再編を通じて、合資方式による採鉱・選鉱・加工一体化生産企業の設置。

ページトップへ