閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2011年3月7日 バンクーバー 片山弘行

加:Canada Lithium社、Quebecペグマタイトリチウムプロジェクトの資源量減少

 Canada Lithium Corp.(本社:トロント)(以下、Canada Lithium社)は、2011年2月28日、同社がQC州に保有するQuebecリチウムプロジェクトについて、2010年10月28日に同社が発表した資源量に関して、独立第三者コンサルタントによる検証を実施するためRoscoe Postle and Associates Inc.を指名したことを明らかにした。Canada Lithium社は、2010年10月28日に発表したNI43-101準拠の資源量について同社自身による検証を行った結果、資源量減少の可能性が示されたとして、独立コンサルタントによる検証を行うこととしている。Canada Lithium社によると、第三者コンサルタントによる検証は2週間程度で終了する見込みであり、NI43-101準拠の新たな資源量の算出は数カ月を要するとしている。
 Quebecリチウムプロジェクトの2010年10月発表の資源量は46百万t、平均品位1.19% Li2O(カットオフ品位0.8% Li2O)と報告されており、年間鉱石処理量100万t、マインライフ14.8年による開発が計画されている。

ページトップへ