閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年3月7日 北京 土居正典

中国:環境保護部、レアアース汚染物質排出基準公表

 環境保護部は、レアアース資源保護及び環境汚染防止を目的とし「レアアース産業汚染物排出基準」を公表した。これまで、レアアース産業に特化した基準は無く、既存の「環境保護法」、「水質汚染防止処理法」、「大気汚染防止法」などの法律・規則が適用されてきた。
 公表された基準では、廃水、排気及び放射性物質の排出規制に関し規定が設けられたほか、希釈排出防止のため製品単位当たりの基準排出量(廃水及び廃気)も規定している。基準は、鉱山採掘及びレアアース金属・合金生産企業を対象とし、環境アセスメント、プロジェクトの設計・施行・検収に当ってもこの基準が適用される。現地報道によると、レアアース関連企業の3分の2近くの企業が新基準に不合格となり、基準要件を達成するには業界全体で10億元(1.5億US$)以上の生産コスト上昇が見込まれる。また資金力のない零細企業及び技術力のない企業の撤退が予想され、業界の再編が加速すると見る専門家もいる。

ページトップへ