閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年3月9日 シドニー 増田一夫

豪:OZ Minerals社はSA州Carrapateena銅・金プロジェクトを買収

 2011年3月9日、OZ Minerals LTD(本社:豪Melbourne)は、SA州Carrapateena銅・金プロジェクトを買収したと発表した。Carrapateenaプロジェクトの権益は、2005年にCarrapateena鉱床を発見したRuby Gomez氏が58%、Teck Australia Pty Ltd.(カナダTeck Resources Ltd.の豪州子会社)が34%、その他が8%となっており、買収条件は、総額250百万A$の買収金額に加え、商業生産に至った場合、銅、ウラン、金又は銀の初生産時に50百万A$、レアアース、鉄鉱石又はその他の鉱種の初生産時に25百万A$が追加で支払われる。
 OZ Minerals社は同プロジェクトの買収理由として、新規銅開発案件の獲得という自社の戦略に合致していること、同社がSA州に保有するProminent Hill銅・金鉱山に近く、規模等も類似していること、Carrapateenaプロジェクトの開発に向けた調査や資本コストにProminent Hill鉱山の収益を充てることができること、今後の世界の銅生産は深部の坑内採掘への移行が見込まれること等を挙げている。
 Carrapateena銅・金鉱床は、2005年にRMG Services社のRuby Gomez氏によって発見され、同年にTeck社が参入しプロジェクトのオペレータとなった。確定した資源量は公表されていないが、OZ Minerals社は資源量225~250百万t、品位Cu 1.2~1.3%、Au約0.5%、U3O8約250 ppm、銅量2.7~3.3百万t、金量3.6~4.0百万oz(112~124 t)、U3O8量124~138 lb(5.6~6.3千t)と見積もっている。

ページトップへ