閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年3月14日 リマ 山内英生

ペルー:Moquegua県が国内最大の鉱業投資対象県

 2011年3月7日付け地元各紙によると、ペルー国内の県別鉱業投資額はMoquegua県が65億US$で首位となっている。
 同県におけるプロジェクトに関して、エネルギー鉱山省のLuna鉱業促進部長は、Quellaveco銅プロジェクト(Anglo American)は既に建設段階に入っており、2014年以降、年間225千tの銅を生産する計画であること、Los Calatos銅・モリブデン・プロジェクト(Metminco社)の資源量は9.26億tに増加し、22億US$が投じられ、30~40年のマインライフとなる見込みであること、更にChupacaプロジェクト(Goldfields/Buenaventura)では現段階で83.7百万tの資源量が確認され、金品位1.9 g/t、銅品位0.09%、銀品位8.2 g/tであることなどに言及した。

ページトップへ