閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2011年3月14日 バンクーバー 片山弘行

加:Labrador Iron Mines社、鉄鉱石輸送に関して鉄道会社と契約締結

 Labrador Iron Mines Holdings Ltd.(本社:トロント)(以下、LIM)は、2011年3月10日、同社がカナダQC州とNL州の州境に保有する複数の鉄プロジェクトからの鉄鉱石輸送に関して、Iron Ore Company of Canada(以下、IOC)の完全子会社の鉄道会社であるQuebec North Shore and Labrador Railway Company Inc.(以下、QNS & L)と輸送契約を締結したことを明らかにした。
 契約によるとQNS & Lは、QC州Schefferville周辺に位置するLIMの鉄プロジェクトから生産される鉄鉱石を、最寄りのNL州Emeril分岐駅からQC州Sept-Îles分岐駅まで鉄道で輸送することとなっている。貨車はLIMにより供給され、機関車はQNS & Lが提供するとともに、QNS & Lが運行する。なお、LIMの鉄鉱石は、Schefferville附近のLIM保有Silver YardsプラントからEmeril分岐駅まで、Tshiuetin Rail Transportation Inc.により輸送されることが決まっている。
 LIMが必要とする輸送能力を保証するため、LIMはQNS & Lに対して総額25百万C$の前払いを行うことに同意している。この前払い金は、QNS & Lが荷物1 tあたり3.50 C$の特別控除を行うことで、弁済に充てることとしている。
 NL州境近くに位置するQC州のScheffervilleは、IOCが1954~1982年まで鉄鉱石を採掘していた鉱山町であり、LIMはSchefferville近郊のJames鉄プロジェクトとRedmond鉄プロジェクトにおいて、現在、2011年春の操業開始に向け建設工事を実施している。

ページトップへ