閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年3月14日 バンクーバー 片山弘行

加:Capstone Mining社、YK準州Minto銅・金鉱山の拡張計画のプレFS完成

 Capstone Mining Corp.(本社:バンクーバー)(以下、Capstone社)は、2011年3月14日、同社がYK準州で操業しているMinto銅・金鉱山の拡張計画についてプレFSが完成したことを発表した。
 プレFSは、2009~2010年にかけて新たに発見された鉱体を採掘することも考慮して、現在の選鉱施設の1日当たりの処理量を3,750 t(1年あたりの処理量137百万t)に増強させることを提言している。プレFSで算出された新たな確定及び推定可採鉱量は合計で12.9百万t(平均品位Cu 1.53%,Au 0.60g/t,Ag 5.2g/t)となり、マインライフは2020年まで延長されるとしている。また、銅価格2.75 US$/lbとした場合の税引き前NPVは284百万C$(割引率7.5%)と算出している。
 拡張に伴う資本費は76百万C$と見込み、そのうち34.1百万C$は拡張計画に含まれている坑内採掘の開始に伴う費用である。金及び銀のクレジット(Au 300 US$/oz,Ag 3.90 US$/oz)を考慮した銅生産に係る操業費は1.34 US$/lbと試算された。

ページトップへ