閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年3月20日 サンティアゴ 神谷夏実

チリ:MMX社、Patriciaプロジェクト、試錐調査のEIA提出

 メディア報道によると、MMX社(ブラジルEBXグループ)は、チリ第III州のPatricia鉄鉱石プロジェクトの試錐探鉱に関する修正EIAを提出した。当初のEIAは2010年4月に承認されていたが、計画では試錐地点が固定されていた。今回提出した修正EIAでは、315孔の試錐地点を自由に変更できるようにした。
 MMX社は、2009年にHacineda Castilla地域の4鉱区を54.5百万$で買収し、同地域ではReconquista鉱区、Fortuna-Fierro鉱区(2010年9月、EIA承認)等での探鉱を進めている。MMX社によると、同プロジェクトの鉄鉱石資源量は2億9,000万tである。

ページトップへ