閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年3月21日 バンクーバー 大北博紀

加:Imperial社、Red Chris銅・金プロジェクトの最新のFS結果を公表

 Imperial Metals(本社:BC州バンクーバー、以下Imperial社)は、2011年3月14日、Red Chris銅・金プロジェクト(以下Red Chrisプロジェクト)について、NI43-101準拠の最新のFS結果(2011レポート)を公表した。
 これは、BC州環境審査局(Environmental Assessment Office)が、2011年2月23日にBC州の電力会社であるBC Hydro(British Columbia Hydro and Power Authority)が申請していたBC州北西部の送電網敷設計画(Northwest Transmission Line project)に対して環境認可を与えたことから、電力の有用性を予測してFS結果を更新したものである。
 可採鉱量3億154.9万t(Cu:0.359%、Au:0.274g/t)、精測+概測資源量6億1,942万t(Cu:0.38%、Au:0.36g/t)、予測資源量6億1,913万t(Cu:0.30%、Au:0.32g/t)が計上されており、マインライフは約28年と計画されている。
 なお、Red ChrisプロジェクトはBC州の北西Dease Lakeの80 ㎞南に位置し、新設されるBob Quinn Lake変電所から約120 ㎞北に位置しているため、Imperial社は変電所から鉱区まで送電網をつながなければならない。

ページトップへ