閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年3月25日 調査部 渡邉美和

中国:安徽省で中国全体の10%に当たる再生鉛生産設備が環境検査に伴い稼働停止

 現地報道によると、中国の再生鉛の3大生産地の一つである安徽省阜陽で、多数の再生鉛生産メーカーが2011年2月末から生産停止していることが分かった。これは環境検査に伴う措置とのことで、生産停止は1か月に及ぼうとしているが、関係者によれば生産能力回復の時期はまだ不明とのことである。一部が生産再開しているものの、企業数で1割に満たないとのことである。
 中国の鉛製錬の内、再生鉛によるものは全体の三分の一に達し、再生鉛の三分の一が安徽省阜陽地区に集中している。この結果、全国鉛生産量の約10%が生産停止していることになる。関係者によれば、阜陽地区には、大華、順達、長江、環宇、中冶、華鑫などの主要再生鉛 メーカーがあり、それぞれの年産能力は8万~15万tである。また、原料の問題がなければ、この地区で生産される再生鉛の量は1日あたり1,500 tに達し、1カ月では4.5万tになる。

ページトップへ