閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年3月30日 サンティアゴ 縫部保徳2011. 4. 5 シドニー 原田富雄

チリ:BHP-BillitonがEscondida鉱山へ5.54億US$の投資を承認

 3月30日、BHP Billitonは、Escondida Ore Access(EOA)計画を承認したことを発表した。EOA計画は現在メインピット中にある破砕及び運搬設備を高品位鉱石へのアクセス改善のために移設し、2013年からの生産力向上に寄与するもの。この計画には5.54億US$のコストが見込まれており、2012年中頃に完了の予定。同鉱山の銅品位は10年前に比べ約3割落ち込んでおり、2011年の生産量も前年に比べ5~10%の落ち込みが予想されている。
 Escondida鉱山は、第Ⅱ州アントファガスタの南東170 km、標高3,100 mに位置し、2010年の生産量108.7万t、同鉱山への出資比率はBHP Billiton(57.5%)、Rio Tinto(30%)、日系企業グループ(12.5%)となっている。

ページトップへ