閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年4月5日 シドニー 原田富雄

豪:CAMECO、Kintyreウラン・プロジェクトは当初の予定通り開発

 WA州でKintyreウラン・プロジェクトを進めるカナダウラン鉱山会社CAMECOは、先週WA州の環境保護当局に対し、環境関連の報告書を提出したと地元紙等が伝えている。環境承認にあたっては一般からの意見公募(パブリック・コメント)を2012年に行う予定で、最終投資判断は2013年に行われる予定であるとしている。
 一方、連邦議会でバランス・オブ・パワーを握るグリーン党は、当初からウラン開発に反対の姿勢を示しており、Pilbara地域からカルグーリを経由、アデレード港への輸送に関して安全面での問題を唱えているが、CAMECO AustraliaのReilly社長は、ウラン輸送に実績を持つことから問題ないとして鉱山設備の建設を2015年から予定している。

ページトップへ