閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年4月5日 モスクワ 大木雅文

ロシア:レアアース等戦略鉱物の生産促進に関する連邦法案起草へ

 当地の与党「統一ロシア」のHPによると、2011年4月4日に開催された与党「統一ロシア」の会派幹部会会合において、戦略鉱物の生産促進を目的とする連邦法案作成のための会派作業部会設置が決定された。部会長にはワレリー・ヤゼフ連邦下院副議長が任命された。
 「世界経済はエネルギー資源のみならず、ハイテク製品の生産に不可欠なレアアースに大きく依存している」と本格的なレアアース産業を構築する必要性をヤゼフ副議長は強調した。ロシアには国内需要を満たし、さらに輸出するに十分な量の豊富なレアアースが地中及び鉱山の尾鉱ダムに賦存していると、同氏は繰り返し主張しており、「ロシアのレアアース産業発展のためには、レアアース需要を最低でも2030年まで予測した具体的な戦略が必要だ」と述べている。
 作業部会は連邦官庁、国策企業、関係する経済団体や科学機関の代表者と協力して戦略鉱物の生産促進を目的とした連邦法案を作成することになる。

ページトップへ