閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年4月7日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:CODELCOがEl Teniente労働組合に12百万Pesoのボーナスを提示

 メディア報道によると、El Teniente労働組合は、El Teniente事業所長Octavo Araneda氏より、年央に開催されることとなっていた団体交渉前倒しの申し出を2011年3月中旬に受けた。銅価の状況が良いことからCODELCOには組合との対立を避けたい意向である。
 組合とCODELCOとの協議は2011年3月末の週より4月6日まで続けられ、その席で6月末に期限切れとなる労働協約期間の39か月延長、3.8%の賃上げ、ボーナス12百万Peso(約2.55万US$)の支給、3百万Peso(約0.63 US$)の長期低利貸付が提案された。
 4月12日に上記提案に対する組合投票が行われる見込みである。

ページトップへ