閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2011年4月18日 サンティアゴ 神谷夏実

ブラジル:Valeの鉄鉱石輸出、2011年も堅調に推移する見通し

 メディア報道によると、Vale関係者は、2011年のValeの鉄鉱石生産は、前年をわずかに上回る320百万tとなり、このうち120~130百万tを中国向けに販売する見込みであるとの見通しを示した。Valeの2010年の鉄鉱石生産量は311百万tであったが、2015年に生産量を522百万tまで増産する計画がある。なお、2011年Q1の生産量は、大雨の影響で減産となったが、世界の鉄鉱石需要は強く供給不足の状態が続く見込みである。
 またアジア向け鉄鉱石輸出において、今後大型運搬船”CHINAMAX“(輸送能力40万t)が使われるようになると、ブラジル産鉄鉱石も価格面で有利になるとしている。鉄鉱石市場はスポット市場の高騰で価格設定が四半期ごとになると共に、BHP Billitonは2011年に入り、月ごとの価格設定を行う等の強気の姿勢を見せている。こうした状況でも、大型船の投入はValeにとって四半期ごとの価格設定でも十分競争力を持つことが出来るという。

ページトップへ